スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

『資源の無駄遣い』

2011.07.27 15:57  今日の一言

スタジオに持ち込まれるマルチトラックデータでよくあるのが
完全にモノラル音源なのになぜかステレオファイルってヤツ。
これって実はものすごくムダが多いんです。

どこら辺がムダかというと
・容量が倍になるので
 ファイル送信、書き出しや読み込み、バックアップなどに時間がかかる
・読み込むファイルが増えるのでHDD負荷が増える
・メモリを余計に消費する
・ProToolsだとVoice(同時発音数)を消費する
・CPUベースのDAWだとCPU負荷が増える
・プラグイン挿すとCPU負荷はさらに増加
・レイテンシーも大きくなる(かも)
・以上のことで動きが悪くなるので速いCPU、大量のメモリが要る
・ので電気を食う
・PANが振りにくくなる
・ステレオかモノラルかを判断するのに
 トラックをソロで通しでチェックする時間が必要
などなど。

メリットとしては
・データの片chが死んでももう片方が使えるかも
 (現実的にはほとんどなし)

といった具合です。
ぶっちゃけ、害しかありません。


もうひとつ、
モノラルファイルの音が小さいから
同じ時間軸上の他のトラックにコピーして
PANを左右に振って出す
という入門者が陥りやすいワナがあります。

モノラル=左右から同じ信号が同量出る
なので、これも全く意味がないどころか害しかありません。
ProToolsだとリージョンをコピーしてもファイル容量は変わりませんが
プラグインをかけるとプラグイン負荷は当然増えますし
Voiceも消費します。

デジタル録音はレベルの上限が決まっているので
フルビット入ってるのに音が小さいと思うときは
小さい方に合わせて大きい方を下げましょう。


ProTools LEユーザーなんかは特に注意したほうが良いでしょう。
無駄なステレオファイルをモノラルにするだけで
ちょっとは快適に作業できるようになるかもしれません。
ギリギリの作業の際にこの差は本当に効いてきます。


HDDとかメモリの空き、CPUの空きなんかは
「システムリソース」
と言って限りある立派な資源です。
無駄遣いは出来るだけ避けたいところです。

Einsteiner
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

Yard Studio Official Twitter

Einsteiner Twitter

OGIDOO Twitter

Search

最近のコメント

カテゴリー

リンク

Weather News 

Calendar

月別アーカイブ

最近の記事

最近のトラックバック

RSSフィード

    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。